TOPCASTSTORYTICKETFAQGOODSCONTACT
STORY

東京印公演vol.16『げんせんじゃ~!』~宝や旅館~2019
物語について

物語

老舗「宝や」は数百年も続く温泉旅館。
亡き父親の後を継ぎ旅館を切り盛りしている若社長の周りには、一風変わった従業員たちがいた。
思い込んだら前にしか進めない、無鉄砲だけど憎めない男。
身体に障害を持つ弟と、それを支える心優しき兄。
何を考えているかわからないサボり癖のある訳ありジイさん。
今のままでいいのかと自分の将来に悩み苦しんでる男……等々。

一見のんきな「宝や旅館」だったが、実は先代からの借金問題があり従業員達はそれに頭を抱えていた。
更に宝やの土地と豊富な源泉を狙った黒い影が……

このままでは、宝やが危ない!!
ある日一人の男が奇策を切り出す!
「ご当地ヒーローを作りこの旅館を盛り上げよう~!」
起死回生を狙い盛り上がる従業員達。
そこにあの伝説のヒーローが宝やを救うべくやって来た!
……が、彼は前代未聞の運動音痴?!

果たして宝やの命運は?

彼らはヒーローショー「ゲンセンジャー!」を成功させ、温泉の命でもある源泉を守ることが出来るのか?
宝やの未来と、自分達の生きる証のために今、愛すべき男達が立ち上がる!

行け!ゲンセンジャーー️!
戦え!湯けむり泉隊 ゲンセンジャーー️!

この男たちの奇跡の物語を見逃すな……。



ご挨拶

この『げんせんじゃ~!』という作品は、
老舗の宝や旅館を舞台に繰り広げられるお話です。
2013年、東京印主宰の長戸勝彦が「温かくて懐かしさを感じられ、すべての年代の人が楽しめる作品を創りたい」そんな想いから、作・演出をし上演しました。
お客様からは「こんなに笑えて涙が出た作品は初めて」「不器用な男たちの優しさが詰まっていて愛おしくなった」と、有難いお言葉を沢山頂きました。
そしてその翌年から毎年キャストを変えての6年連続公演‼️
同じ作品でも役者が変われば全く違う景色に見え、お客様からも「今年もげんせんじゃ~に会えて嬉しい」「また宝や旅館に訪れることができた!」との嬉しいお声を頂いてきました。
中でも物語の後半に宝や旅館の従業員たちがみせる『ゲンセンジャーショー』は秀逸で、毎年ステージと客席が一体となって大盛りあがりをみせるほどの大人気‼️そこで歌われる『湯けむり泉隊ゲンセンジャー!』は「一度聞いたら耳から離れない」「帰り道に思わず口ずさんでしまう」と大反響を頂いております。

そして新年号を迎える2019年夏!
東京印は、
「もう一度観たい!」
「またゲンセンジャーの皆に会いたい!」
とのお客様からの熱い声援を受け、今までの延長線ではなく、新しくパワーアップした作品として、より多くの人にこの作品の想いを届けるべく、情報の発信地でもある渋谷のど真ん中『CBGKシブゲキ‼️』にて上演をする事に決定いたしました‼️

若手実力派の役者たちを揃え、過去最強の「げんせんじゃ~!」を皆様にお届け致します‼️

劇場を後にするお客様が、みんな笑顔でありますように!

作・演出 長戸勝彦



東京印 ... / ...http://tokyo-jirushi.com/ ... / ... since 1998 ... / ... Copyright © 1998 東京印 All Rights Reserved.